MENU

防風通聖散を飲んで汗をかくと冷え性になる?使用前に見極めよう

 

 

防風通聖散でダイエットが出来ると言われているのには、お通じ・利尿・発汗のデトックス効果による部分も大きく関係していて、体に溜まった余分な物がしっかり外に出されることで身体全体のめぐりをよくして、代謝アップにつながるという点があります。

 

 

 

しかし、お通じや利尿作用とは違い発汗作用に関しては飲む前に自分に合っているのかどうかの見極めが必要になります。もしできれば飲むのを止めていた方がいい体質だった場合は、代謝が上がる前に冷え性になってしまうことも。

 

というのも、防風通聖散は体内の熱を外に放出することで熱を下げて、常に活発に動いている胃の熱を冷まして食欲を抑えるという働きをしてくれるのですが、もともと過度に熱を持っていない人や冷え性の人が飲んでしまうと、発汗によって体温を奪われてしまうので冷え性になったり、冷え性の人はもっと冷えを感じてしまう可能性もあります。

 

 

 

もちろんすべての人がそうだとは限りませんが、防風通聖散の仕組みを理解した上でダイエットのために利用するかそれとも控えるべきか、利用するにしても工夫が必要かなどしっかり考えて判断した方がいいでしょう。

 

ただし、火照りがあったり食欲が治まらないと言った人は通常よりも熱を持っているということなので、防風通聖散を飲んで正常値に下げて上手にダイエットしてみてくださいね。

 

 

防風通聖散に「副作用」はあるの? 

このページの先頭へ